Q. ハーネスを使っているのですが、首輪の方がよいですか?

   以前にハーネスではトレーニングできないと言われたことがあるので・・・。

 

私もハーネスを使っていますよ。大大大歓迎です!

 

特にリードを引っ張らずに歩くことを教わっていない場合、首輪で圧迫された時の気道や脊椎への負担が心配で見ていられません!犬の体に負担が少ないことを第一に考え、NATURAL DOGではハーネスをおすすめしております。

 

ただし、ハーネスといっても様々です。

単に首輪と胴輪をつないだだけのものでは首への負担はさほど変わらなかったり、脇の下がこすれて赤くなったり、結果的にハーネスを嫌がるようになったという例も。

 

その子の体格によって合うハーネスも変わりますので、お気軽にご相談ください。NATURAL DOG では販売はしておりませんが、ネット上で購入できるお店をご紹介させていただいております。

 
 

※ 現在首輪を使っている方も、まずは現状のままレッスンを始めますので、ご安心くださいね。
ハーネスに変えるのは怖い、という方も過去に少なからずいらっしゃいました。何かを変えるということは、お互いに一大事ですもの。無理なくベストな選択ができるよう、いっしょに考えていきましょうね。

 

 

 

また、ショックをかけることができないので、ハーネスではトレーニングができないと言われたり、顔が地面についてしまうから拾い食いが防げない、などと言われた経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

NATURAL DOGのレッスンでは、指1本で押さえる程度のリードの張りで、犬たちが敏感に感じ取ってくれていることを大切にしています。
リードは、「NO!」と叱るための道具ではなく、手を繋いでお互いを感じられるような道具であってほしいと願っています。
 

やさしいリード使いに変えてから、飼い主さんたちからも、リードでいちいちコントロールしなくてよいので楽になった、犬たちもリードをぐいぐい引っ張る/引っ張られるストレスがなくなって笑顔になった、というお声をたくさんいただきました。

コラム:ちゃんと見てるよ。もご一読いただけたらうれしいです。

 

 

そうそう、首輪で引っ張っていると、犬も肩こりに!

パンパンに張っている子も多いんですよ〜

 

 

※ ジェントルリーダーやイージーウォークハーネスなどの引っ張り防止のための道具は、ご要望に応じて一時的に使用する場合もあります。使い方によっては犬の体へ負担がかかる、犬がボディランゲージを使って感情表現できないことがある、という問題点もありますので、使い方にご不安がある場合はまずはご相談くださいね。

最終的にはそのような道具がなくても、のんびりお散歩ができるようにレッスンしていきましょう♪

 

※ チョークチェーンやスパイクカラーを使用したトレーニングはお断りしております。

 

 

 

 

その他、疑問がありましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいね。

ご納得いただけるまで、必ずご説明いたします!

>> お問い合わせ

>> FAQトップへ戻る

 


Cookie ポリシー | サイトマップ
Copyright © 2011-2019 NATURAL DOG All Rights Reserved. Copyright © 2011-2019 Orie Kikuchi Ikeda All Rights Reserved.