ドッグホリデー(5日間の犬合宿)

〜犬の能力・スキル・感情を理解する〜

Exploring your dog’s natural abilities, social skills and emotion!

 


「北海道に行きます!」

そんな一通のメールから始まったこの物語。
えええ!本当に関東から来るの???正直な所、私はとまどい、最初は止めるつもりでした(笑)
長距離の移動は犬にも負担だし、来ていただくくらいなら私が行った方がいいのではないか、と迷いつつ、リードショックや犬の本能を殺すような方法じゃないトレーニングを学びたいという熱意と、「イギリスより近いから」のお言葉に納得させられて(笑)、2011年の秋に初めてのドッグホリデーは開催されたのです。

 

 

ご参加されたえりさんの許可をいただき、昨年のホリデーの様子を少しだけご紹介させていただきます。まずは、ホリデー後にいただいたお手紙から。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Jasperは合宿以来、自信がついたようで、別犬のようになってます。
こんなに早く変わると思わなかったなー!
今やお散歩大好き、外の物音で家に帰ることもなくなりました!ビックリです☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

Jasperくん、えりさんとは、5日間いっしょにあちらこちらへとお散歩に行きました。

ちょっとしたことに怖くなって家に帰ろうとしていたJasperくん、最終日にはウィークリーマンションの玄関でお散歩待ちしていました!

 

どんなお散歩の練習をするかはペア毎に異なりますが、目標は同じ。

 

 

犬の気持ちや能力を正しく理解できるようになること。

そして、犬がうまく対処できない時にどうサポートできるか、を学ぶこと。

 

 

そう、犬の合宿ではなく、飼い主さんの合宿です (^^)

犬の問題行動と呼ばれるものの根底には、恐怖、緊張、興奮、、など様々な気持ちが隠されていて、それを犬自身が自分の力で乗り越えられないことにあります。

でも、信頼できるパートナーがサポートしてくれたら?それだけでできるようになるんです♪

 

えりさんとJasperくんは、元々とってもすてきなペアでした。それでもホリデー中「こんな一面があったんだ〜」という言葉が幾度も出てきたのは、人と犬の感じ方は違うから。誤解していたり、見落としている所もたくさんあったのだと思います。

数日間いっしょに過ごすからこそ気づきもたくさんあり、そして繰り返し練習するから身に付いて終わりにできるのが、1回のレッスンとは違うホリデーのメリットですね。

 

そんな新たな発見を得たえりさんのおかげで、Jasperくんも変わりました。

最初は人の方を振り返る余裕もなく、犬に興奮してぐいぐい引っ張ったり、くんくんにおいかぎに集中してばかりだったのが、最終日には何も言われなくたって自然にえりさんの歩みに合わせてくれるように。振り返って待ってくれた時にはうれしかったな〜〜!

 

そんなえりさんとJasperくんのように、心通じ合えるお散歩ができるようになれば、ホリデーは終了です。

 

 

いかがでしょうか?

ドッグホリデーってどんな感じなのか、少しイメージしていただけましたでしょうか?

 

問題行動を解決したい、愛犬といっしょに北海道を楽しみたい、どんな理由でも構いません。

ただ一つだけの条件は、本気で犬のことを知りたいという気持ち。

 

 

私自身も、イギリスに住んだ1年と8ヶ月の間、数々のワークショップやホリデーに参加しました。
すばらしい田園風景の中での屋外トレーニングがほとんどで、半分は旅行気分。
毎年夏休みに参加する方もいらっしゃるくらい人気なんですよ。

 大人の合宿ですので自己責任が原則で、キャンピングカーで来る方もいたり、皆さん手慣れていらっしゃいましたが、私は近くのB&Bを予約し、電車&レンタカーで移動し、、、と、アジア人の女子1人がリュックを担いで犬を連れて、怪しさ満点でした ^^;

そんな苦労もありましたが、1人と1匹だけで過ごす数日間は、で真剣に犬に向き合う貴重な機会。ただ楽しむだけでなく、あぁ、私は今まで随分犬の気持ちに気づいていなかったんだなぁ、とたくさんの気づきを得ることになったのです。

 

そんな経験からイギリスで得たことすべてを皆さんにお伝えしたいという想い、

そして、犬といっしょに旅行気分で楽しめるドッグホリデーという機会を日本でも広めたく、

今年もご希望者がいらっしゃれば、開催したいと思っております。

 

北海道はこれからが気持ちのよい季節。

愛犬を預けて旅行するよりも、今年はいっしょに学んでみませんか?

 

 

 

 

  ドッグホリデーで学ぶこと

 

・犬とのコミュニケーション 〜理解する、そして伝える〜

  - 犬のボディランゲージを理解する

  - 犬の気持ちに沿った接し方とは?

  - 犬にフェアでわかりやすい伝え方とは?

  - 犬を信頼する、犬から信頼されるコミュニケーション

 

・体力的、精神的な満足 〜毎日のお散歩をもっと刺激的に!〜

  - 犬の「要求」と「欲求」を理解する
  - 犬の本能を満たすアクティビティ

  - 楽しい=興奮じゃない。ビクビク犬、ワシャワシャ犬から、落ち着いた犬へ!

 

その他、あなたとあなたの愛犬に合わせて、アドバイスさせていただきます。

 

犬のコンディションや天候によっては、

スケジュールや内容、場所を変更する場合もありますこと、ご了承ください。

Jasperくんとえりさんの場合のスケジュール例もご参照ください。

 

 

 ご参加条件

 

犬種、サイズ、性別、年齢は問いません。

社会化不足やトラウマによる恐怖心、人や犬へ興奮や攻撃性などの問題がある場合も、どうぞお気軽にお問い合わせください。一頭一頭に合わせて犬の自信を回復させるアクティビティをご用意いたします。

また、オディエンス、アジリティー、ディスクなどの特別なスキルは一切必要ありません。
オスワリができなくたって、構いません ^^)

 

原則として、参加者お1人につき犬1頭まで。

ドッグトレーナーになるため勉強中の方、現在犬に関わるお仕事をされている方も、歓迎いたします。ただし、ご自身がいっしょに暮らす犬であることだけは、必須条件とさせてください。

 

 

  日程/金額

 

日程:4日間+予備日1日(5〜10月限定。ご希望の5日間をお知らせください。) 

時間:10:00〜15:00

人数:1ペア ※3

料金:送迎なし 48,000円(税込)※1

   送迎あり 60,000円(税込)※1,2

 

※1 昼食代、宿泊費、札幌までの移動交通費等は含まれません。

※2 札幌まで電車や飛行機でお越しの場合は、宿泊場所から毎日送迎いたします。

   現在送迎サービスをお休みしております。ご了承くださいませ。

※3 原則として1ペアのみのマンツーマンとなりますが、

  ご友人同士などでいっしょに参加をご希望される場合はご相談ください。

 

 

  場所

 

札幌市内の公園や山、海等の自然環境など、ほとんどは公共の場で行います。

お車でお越しの場合は、毎日現地集合現地解散となります。

 

トレーニング施設やドッグランなどの囲われた場所では行いません。
日常生活には、刺激がいっぱい。人だって犬だってたくさん歩いている、車も走ればうるさい音もするし、時には鳥や猫だって歩いている。それがリアルな世界だから、リアルな世界でレッスンを行い、リアルな世界での対処力を身につけていただきたいと思います。

※小雨決行ですが、レッスン前後や大雨の場合など、宿泊場所をお借りしてレクチャーを行う場合もありますこと、予めご了承ください。

 

 

  札幌までの移動、宿泊について

 

原則として、移動手段や宿泊についてはご自身で手配していただきます。

私自身、飛行機、夜行列車、車で、札幌〜関東犬連れ旅行をしたことがありますので、ご心配な点はどうぞお気軽にご相談くださいね。

また、ご希望があれば、札幌市内の犬と泊れるホテル、ウィークリーマンション、犬OKのカフェもご紹介させていただきます。

 

 

  ご予約方法

 

ご希望日の5週間前までにお問い合わせいただけますようお願いいたします。既に予約が入っている場合は、日程の変更をお願いする場合もありますこと、ご了承ください。

>> お問い合わせ・お申し込み

 

近郊の方や札幌にいらっしゃる機会がある方は、事前に通常のカウンセリングをお受けいただき、ホリデーで行いたいことなどもヒアリングさせていただければと思います。

遠方の場合はメールやSkypeでご相談しましょう。

 

 

まだまだ日本ではなじみのない「ドッグホリデー」ですので、文章を読んだだけではご不安もあるかと思います。また、あくまでもその犬に合わせた内容で行い たいので、内容はかっちりは決めません。逆に、こんなことをやってみたい、こんなことを克服したい、というご要望にはお応えいたしますので、どうぞお気軽 にご相談くださいね。

 

そして、いつか皆様にお会いできることを、楽しみにお待ちしております!

 

 

 

 

 

 



プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2011-2016 NATURAL DOG All Rights Reserved. Copyright © 2011-2016 Orie Kikuchi Ikeda All Rights Reserved.